Mr.カードローンは書面次第でネット完結にならない事もある

Mr.カードローンは書面次第でネット完結にならない事もある

Mr.カードローンは書面次第でネット完結にならない事もある

住信SBIネット銀行によるMr.カードローンは、原則としてWeb申し込み型です。

 

実店舗や無人契約機などではありません。

 

最近はネット完結型の融資商品がどんどん増えている傾向がありますが、住信SBIネット銀行もその1つなのですね。

 

ところで銀行で融資の申し込みをするとなると、もちろん書面を送る必要があるでしょう。

 

住信SBIネット銀行でもそれが必要になるのですが、送る書面によっては必ずしもWEB完結型にならない事があります。

 

その1つが現在の所得を証明する書面ですね。

 

この銀行で300万円以上の借り入れをするとなると、

 

必ず所得を証明する書面が必要です。

 

いわゆる給与明細などを送付する必要がありますが、

 

それはネット媒体で送る訳ではありません。郵送もしくはFAXのどちらかになります。

 

しかし本人確認書類の場合は、また話は別ですね。

 

上記の話は、あくまでも300万円以上の借り入れを希望している時です。

 

実際にはそれだけの希望額になっていない事もあるでしょう。

 

その際には本人確認書類を送ることになりますが、そちらはネット媒体になります。

 

つまりデジカメや携帯などで画像データを作り、銀行に送付する訳ですね。

 

このように送付する書面によってはネット完結にならないのが、この銀行の特徴の1つです。

Mr.カードローンへの乗り換えで手数料が軽減された事例

Mr.カードローンは書面次第でネット完結にならない事もある

住信SBIネット銀行のMr.カードローンは、しばしば乗り換えの為に活用されています。

 

というのも以前に別の会社から、乗り換えている方がいらっしゃるのです。

 

その会社の場合、以前は別の会社で融資を受けていたようですね。

 

ところがその会社の場合は、やや金利が高めになっていたのだそうです。

 

手数料が高いと、やはり利用者としては大きな負担を感じるものですね。

 

それである時に、上記の方は住信SBIネット銀行に着目しました。

 

その時に電話での手続きなども行ったのですが、オペレーターの方が非常に丁寧だったようですね。

 

かなり丁寧に対応してくれたので、上記の方は好感を覚えていました。それは、その銀行の特徴の1つとも言えるのですが。

 

そしてその方は審査に通り、以前の金融会社から乗り換えました。

 

それでだいぶ金利を抑える事ができたようですね。

 

以前に比べればだいぶ負担が減ったので、とても満足をしていらっしゃるようです。

 

つまりそれが、上記の商品の特徴の1つです。

 

人によっては現在お付き合いがある金融会社の手数料が、ちょっと高めと感じている事もあるでしょう。

 

上記のような事例もありますので、

 

手数料を抑えたいのであればこの商品に乗り換えてみるのも一法と言えるでしょう。

 

【お金借りる際にSBI銀行以外におすすめ銀行】

 

三井住友銀行カードローン