住宅ローン減税注意点

住宅ローン減税を申告する際の注意点

 

住宅ローン減税注意点

 

住宅を購入してローンを組んだ人でいくつかの条件を満たすと、受けることができます。

 

減税制度を賢く使うことで、長期間におよぶ住宅ローンの返済を少しでも楽にしたいものです。

 

どういった点に配慮をすればいいでしょう。

 

登記面積が50平方メートル以上であること、住宅ローンの対象となっている建物の半分に本人が住むことなどがあります。

 

もしも買う住居がマンションなら、確認しておきたいことがあります。

 

マンションの広告に載っている広さは、壁の中心から広さを測る壁芯面積ばかりですが、

 

壁の内側から計測する方法では広さとして出てくる数字が変わります。

 

壁芯面積で50u程度だと、内法面積はそれ以下になってしまうので、

 

住宅ローン減税を受けることができない場合がありますので要注意です。

 

住宅ローン減税では、買うことになる家の全ての面積が情報として必要です。

 

また、夫婦などが一緒に住宅を購入した場合、半々の面積をそれぞれが保有しているというあつかいになります。

 

夫婦で購入面積を折半しているために、住宅ローン減税が使えないという事例もあると言われています。

 

家は家、土地は土地として買った時も問題が生じることがあります。

 

住宅ローンの抵当に、その土地や建物を入れることや、

 

土地購入後2年以内に家を建てることなど、

 

住宅ローン減税を活用するには様々な条件が設定されていますので、気をつけましょう。

 

住宅ローン控除の申告をする方法について

 

住宅ローンの控除を受けるためには、確定申告をしなければなりません。

 

サラリーマンの場合は、住宅ローン控除を受ける1年目に確定申告をすると、2年目以降は年末調整で控除が可能です。

 

したことがない人から見ると、確定申告というのはとても難しいことのように感じます。

 

けれど、必要な書類を揃えて提出すればいいだけですから、実際やってみるとそれほど難しくはありません。

 

まず何をすればいいかよくわからないという場合は、税務署の窓口で助言をもらうというやり方もあります。

 

どんな書類を揃えればいいのかわからないという人は、税務署に電話をかけて、1から教えてもらうこともできます。

 

国税庁のホームページから、都道府県ごとの税務署を調べることができます。

 

また、ネットや書籍で確定申告の書き方について調べてもいいでしょう。

 

年末残高証明書という書類をもらっておかないと、住宅ローンの控除はできません。

 

年末残高証明書がいつ発行されるかは、住宅ローンの金融機関や対応時期によって違います。年

 

末残高証明書は、1年目は確定申告を行う時に必要で、

 

その後は年末調整の時期に必要になりますので、発行敷きはそれに合わせて、初回と、それ以後とで違います。

 

いつ住宅ローンを借り始めたかによって、住宅ローン控除の申告が可能になるかがフラット35は変わるので、それに合わせて調節します。

 

住宅ローン減税の確定申告方法 必要書類が大事 ちゃんとやればお金が戻る

 

住宅ローン控除の減税に関する手続きに必要不可欠な書類に関してですが、まず住宅借入金等特別控除額の計算明細書、土地・建物の登記事項証明書さらに、源泉徴収票、売買契約書・請負契約書です。

 

ほかに住宅ローンの年末残高証明書と長期優良住宅等の認定通知書、住宅用家屋証明書又は認定長期優良住宅建築証明書が必要になります。

 

こうした必要な関係書類がそろったら、必要事項を確定申告書、住宅借入金等特別控除額の計算明細書に対して記載して税務署へと持参しても良いですし、郵送方法を活用することになります。

 

更に、国税庁のウェブ上で確定申告書を作ってe-Taxを活用することによって送信する方法もあります。

 

確定申告に関してははじめてというケースで、書類の書き方がわからないなど、不安に思う人もいるでしょう。

 

そういった場合は、お近くにある税務署に相談をすることが重要です。確定申告の期間中において、税務署において整備される確定申告の会場では税務署員がマンツーマンの状態でサポートや助言をしてくれます。

 

さらに、税務署によりましては確定申告の期間中においては週末にも会場をオープンしているところもあります。

 

居住地域を管轄されている税務署のスケジュールをあらかじめ確認しておきましょう。

 

ただし、一部エリアでは確定申告の会場そのものが税務署以外の所にセットされるところもあるので留意する必要があります。

 

サラリーマンなど給与所得者のケースでは、ひとたび確定申告を実施してしまえば、2年目以後の住宅ローン控除に関する手続きは勤め先の年末調整でまに合います。

 

1年目の確定申告のあと、税務署サイドより残存している期間の9年分の年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書が手元に来るので取り置きしておき、

 

一年サイクルで、金融機関サイドからの住宅のためのローンの残高証明書と共に勤め先へと出せば済みます。

 

要するに、住宅のためのローンを活用して家屋を購入したら、その次の年に一回だけ確定申告を行いさえすれば、それから後は自らの申告行なわなくても最長で10年の節税が可能です。

 

ただし自営業者、或いは個人事業主等のケースは、一年サイクルで申告が必要です。因みに、還付申告に関しましては入居の次の年1月1日から5年申告書を出すことができます。

 

要するに、申告するのを忘れたり、3月15日をオーバーしても過去5年まで遡って申告し、税金控除を享受することができます。

 

年度末が接近してきてさまざまにあわただしい時期ですが、住宅ローン減税の申告に関する手続きをしなければ大事な節税チャンスを逃しかねません。

 

すまい給付金 住宅ローン減税の申請方法をしっかりチェック

 

すまい給付金は消費税率の引上げによる住宅取得者の負担をかなり緩和してくれる制度です。

 

消費税率8%時だと収入額の目安が510万円以下の人を対象に最大で30万円、消費税率10%だと収入額の目安が775万円以下の人を対象に最大で50万円を給付してくれます。

 

住宅ローンを減税できるので利用したいと思う人が多いでしょう。申請する前に、申請方法などを確認しておくことが大切です。

 

申請できるのは取得した住宅に住んでからです。申請の期限は、住宅の引渡しから1年以内になります。ですが、しばらくの間は延長していて1年3ヶ月になります。

 

すまい給付金の申請方法はすまい給付金の申請窓口に持っていって申請するか、事務局に郵送して申請するかのどちらかです。

 

住宅事業者などが申請の手続きを代行することもできます。

 

申請するには注意事項があります。窓口で申請する場合は、給付要件などは申請の手引きやホームページで確認してから申請しましょう。

 

手続きに必要な書類を持っていかないと申請はできません。書類の確認などはある程度時間がかかかります。

 

予約をしてから時間に余裕をもって行動しましょう。外国語では応対できないので注意が必要です。

 

郵送で申請する場合の注意事項もいくつかあります。代理受領をする場合は郵送で申請はできないので注意が必要です。

 

申請の書類は絶対折り曲げてはいけません。

 

封筒には必ず住所と氏名を間違えのないように記入することが大切です。

 

メール便や宅配便などでは送付できないので、必ず郵便で送付しましょう。

 

郵送料は自分で負担しないといけません。

 

書類の量によって郵送料は変わるので、料金不足で不着とならないように気をつけましょう。

 

不着にならないようにするには、郵便の窓口から郵送するのがおすすめです。

 

申請の書類には個人情報が含まれているので、配送の状況や到着の確認ができるレターパックや書留を利用するのがいいです。

 

郵送した後に申請書類の不備に気付いたとしても、追加の郵送はしてはいけません。

 

不備についての知らせが送られてきた場合に、それに従って郵送しましょう。

 

まとめて申請する場合は、申請者の分の申請書類を同封してまとめて申請利用と必ず封筒に記入しないといけません。

 

すまい給付金の事務局は給付額などの申請内容を審査して、内容に間違いがないかどうかを確認します。

 

何も問題がなければすまい給付金の事務局から口座に給付金が振り込まれます。

 

申請書類に不備などがない場合は、申請書類を出してから大体概1カ月半から2カ月で給付金は支払われるでしょう。

 

住宅ローン控除 還付金はいつ戻る?いくら戻るか計算する方法

 

住宅ローン控除とは、居住用住宅の取得費用等に充てるために住宅ローンを借り入れた場合に、控除を受ける年の12月31日時点の住宅ローン残高に応じた控除額を所得税と住民税から差し引く特例を言います。

 

控除額が高額となりやすいため減税効果が高く、多くの納税者が活用している事が特徴です。

 

住宅ローン控除の還付金を受け取れる時期は、その手続きや行うタイミングで異なります。

 

例えば、年末調整で適用を受ける場合は12月の給与または1月の給与にて還付金を受け取り、確定申告の場合は申告書を提出してから約1ヶ月後に還付金が振り込まれます。

 

なお、確定申告は2月16日から3月15日の期間に手続きを行うものですが、源泉徴収税額の還付を受ける還付申告の場合は1月1日から5年の間に手続きを行えば還付を受けられます。

 

そのため混雑する確定申告の期間ではなく、その前後に手続きを行えば早く還付金を受け取る事ができます。また、住民税は後払いのため還付金は生じません。

 

受け取る還付金の計算方法は、年末調整と確定申告で若干異なるものの、基本的に所得税から住宅ローン控除額を差し引いて計算します。

 

まず、サラリーマンなどが年末調整のみを受ける場合、源泉徴収された税額から住宅ローン控除額を差し引いてマイナスとなった金額が還付金となります。

 

次に、確定申告を受ける(年末調整を受けた後に確定申告をする場合を含む)場合は、医療費控除やふるさと納税などの寄附金控除を差し引いた後の課税所得から税額を計算し、その税額から住宅ローン控除額を差し引きます。

 

復興特別所得税を加算する前の税額から差し引く点に注意が必要です。

 

なお、住宅ローン控除額は12月31日時点の住宅ローン残高の1%相当額(40万円を限度)となります。

 

また、所得税から引ききれなかった住宅ローン控除額は住民税から差し引かれます。

 

ただし、その金額には限度額があり、取得費用等に含まれる消費税が8%で平成26年以降に居住を開始している場合は所得税の課税所得金額の7%相当額(最高136,500円)が、それ以外の場合は課税所得金額の5%(最高97,500円)が限度額となります。

 

例えば、住宅ローン控除額が10万円で源泉徴収税額が7万円だった場合、引ききれなかった3万円は住民税から差し引かれますが、課税所得が30万円なら21,000円または15,000円しか差し引かれません。

 

そのため、住民税でも引ききれなかった住宅ローン控除額は切り捨てられます。

 

 

住宅ローン控除の年収制限とは 申請するとお金はいくらもどってくる?

 

マイホームを取得するときに知っておきたいのが住宅ローン控除です。

 

住宅ローンの年末残高に応じて一定期間にわたり所得税等が軽減される制度ですが、取得する住宅の種類や入居の時期適用される消費税率によって、減税の仕組みは異なります。

 

この控除を受けるためには、以下の要件をすべて満たす必要があります。

 

新築や購入をしてから6か月以内に居住すること。

 

控除を受けようと思う年の合計所得金額が3000万円以下になっていること。

 

新築や購入した住宅の床面積が50平米以上で、床面積の2分の1以上が自己の居住用に使用されていること。

 

中古住宅の場合はマンション等の耐火建築物=築25年以内、耐火建築物以外=築20年以内であるか一定の耐震基準に適合する物件であること

 

返済期間が10年以上の、住宅ローンなどの借り入れがあること。

 

さらに一定の書類を添付して確定申告を行うことも必要です。サラリーマンの場合は2年目以降は勤務先の年末調整で減税が行われます。

 

住宅ローンを借りてマイホームを取得したほとんどの人が、この減税を受けることができます。

 

住宅ローン控除は住宅ローンの年末残高をベースに計算されます。控除額はローンの年末残高の1%です。

 

新築の一般住宅を取得して入居する場合は、4000万円の1%で40万円が年間の最大控除額となります。

 

また取得した住宅が認定長期優良住宅などであれば5000万円までの年末残高に対して控除され、年間で最大50万円の減税が受けられます。

 

いずれも適用期間は10年間ですので、合計では最大400万円認定住宅では500万円の減税になるわけです。

 

一方取得する住宅が中古住宅(個人からの購入物件)の場合消費税がかからないため、住宅ローン控除の上限額は少なくなっています。

 

一般の住宅だと10年間の総額でも金額は、最大200万円までです。ただしいずれもこの額がそのまま戻ってくるとは限りません。

 

住宅ローン控除では基本的に1年間で支払う所得税の範囲内でしか、税金は戻ってこないということを理解しましょう。

 

400万円の住宅ローンを借りて住宅を購入した場合、控除の限度額は400万円の1%で40万円です。

 

一方専業主婦の妻と中学生以下の子供が2人いる4人家族で夫の給与が600万円であれば、所得税の負担は約16万円です。

 

このケースのように所得税額が控除限度額より少ない場合には、住民税からも税金を少なくしてもらうことができます。

 

 

住宅ローン控除 還付金のシミュレーション方法について やり方は難しい?

 

これから住宅を新築しようとする場合や購入する場合あるいは増改築等を考える場合には住宅ローン減税というものがあるという情報を入手されていることでしょう。

 

この住宅ローン減税あるいは住宅ローン控除は正式名称は住宅借入金等特別控除という制度であり、税法体系に位置付けられたものです。

 

制度の内容は、新築や購入、増改築等を行う場合で、自分の住居として使用するときにはその取得等にかかった住宅ローンの残高債務の1%分について

 

10年間ほど所得税額から差し引くというものです。

 

具体的には、3000万円の住宅ローンを組んだ場合で、当該年の12月末での残債が2900万円というような場合には、

 

残債の2900万円に1%を掛けて、29万円まで控除できるという内容です。

 

なお、この控除額について上限が定められており、平成26年から平成33年12月31日までに建築等して引き渡した場合には40万円とされています。

 

この事例においてはこの上限額の範囲内なので29万円全額差し引くことが可能であるということになります。

 

そして次の年の12月末時点の残債が2800万円であると仮定すると、

 

2800万円に1%を掛けて、28万円が控除額という形で10年間続いていくのです。この方法ですが、住宅借入金等控除は税額控除という方法をとります。

 

ですので、給与所得から基礎控除や給与所得控除、社会保険料控除などの控除額を差し引いて

 

算出される所得税課税標準額に所定の税率を掛けて算出する所得税額からこの差し引く金額を差し引くことができるという形になっています。

 

例えば、所得税額の計算をして税額が30万円という場合には、そこから控除額を差し引くということができるのです。

 

所得税額そのものの算出方法は、職場から源泉徴収票が出ている場合にはそこで給与額から各種控除を差し引いて課税所得額を導くことができるので、

 

その課税所得額に応じた税率を掛けて算出可能です。

 

住宅ローン控除額は年末にローン会社から送られてくる残債の見込み表があるのでそれで算出することが可能です。

 

ですのでシミュレーションそのものは難しくありません。そして、還付の方法については初年度は確定申告を行い還付されますが、次年度以降は年末調整で還付されてきます。

 

なお所得税額を差し引く額が上回る場合についてはその上回る部分について97500円を上限として住民税から減額されます。

 

この場合の住民税は次年度以降のものが安くなるという形で差し引かれるので所得税との取扱いの違いに注意しておく必要があります。