住宅ローン減税注意点

住宅ローン減税注意点

住宅ローン減税注意点

住宅を購入してローンを組んだ人でいくつかの条件を満たすと、受けることができます。

 

減税制度を賢く使うことで、長期間におよぶ住宅ローンの返済を少しでも楽にしたいものです。とういった点に配慮をすればいいでしょう。

 

登記面積が50平方メートル以上であること、住宅ローンの対象となっている建物の半分に本人が住むことなどがあります。

 

もしも買う住居がマンションなら、確認しておきたいことがあります。

 

マンションの広告に載っている広さは、壁の中心から広さを測る壁芯面積ばかりですが、

 

壁の内側から計測する方法では広さとして出てくる数字が変わります。

 

壁芯面積で50u程度だと、内法面積はそれ以下になってしまうので、

 

住宅ローン減税を受けることができない場合がありますので要注意です。

 

住宅ローン減税では、買うことになる家の全ての面積が情報として必要です。

 

また、夫婦などが一緒に住宅を購入した場合、半々の面積をそれぞれが保有しているというあつかいになります。

 

夫婦で購入面積を折半しているために、住宅ローン減税が使えないという事例もあると言われています。

 

家は家、土地は土地として買った時も問題が生じることがあります。

 

住宅ローンの抵当に、その土地や建物を入れることや、

 

土地購入後2年以内に家を建てることなど、住宅ローン減税を活用するには様々な条件が設定されていますので、気をつけましょう。

住宅ローン控除の申告をする方法について

住宅ローンの控除を受けるためには、確定申告をしなければなりません。

 

サラリーマンの場合は、住宅ローン控除を受ける1年目に確定申告をすると、2年目以降は年末調整で控除が可能です。

 

したことがない人から見ると、確定申告というのはとても難しいことのように感じます。

 

けれど、必要な書類を揃えて提出すればいいだけですから、実際やってみるとそれほど難しくはありません。

 

まず何をすればいいかよくわからないという場合は、税務署の窓口で助言をもらうというやり方もあります。

 

どんな書類を揃えればいいのかわからないという人は、税務署に電話をかけて、1から教えてもらうこともできます。

 

国税庁のホームページから、都道府県ごとの税務署を調べることができます。また、ネットや書籍で確定申告の書き方について調べてもいいでしょう。

 

年末残高証明書という書類をもらっておかないと、住宅ローンの控除はできません。

 

年末残高証明書がいつ発行されるかは、住宅ローンの金融機関や対応時期によって違います。年

 

末残高証明書は、1年目は確定申告を行う時に必要で、その後は年末調整の時期に必要になりますので、発行敷きはそれに合わせて、初回と、それ以後とで違います。

 

いつ住宅ローンを借り始めたかによって、住宅ローン控除の申告が可能になるかがフラット35は変わるので、それに合わせて調節します。