無担保融資でお金借りる

無担保融資でお金借りる

無担保融資でお金借りる 消費者金融審査無担保可能?

無担保融資とは、保証人や担保がなくても借りられるローンのことです。

 

そう聞くと、とても使いやすいもののように感じるでしょう。

 

ですが、無担保には無担保なりの注意点があります。

 

担保を必要としているローンと比較すると、無担保ローンはどうしても高金利になります。

 

返済不能になった時のリスクがより高いためです。

 

担保が必要な融資のメリットは金利の低いところですが、返済が滞った時には担保を差し出さなければなりません。

 

金融会社にしてみれば、もしも返済が滞ったとしても担保を押さえればいい話なので、金利を低くすることができます。

 

無担保の融資の場合は、支払い不能になった場合のリスクを考えると、

 

金利を高く設定して貸し出しをするのも納得できます。

 

無担保で融資を利用する場合は、金利が高くなりがちなこと、

 

利用限度額が低く抑えられること、長期的な借り入れが難しいということがあります。

 

金融機関側からすれば、返済が行きづまった時に押さえられる担保がない状態でお金を貸すことになります。

 

大口の融資をすればするほど、返済不能リスクははね上がります。

 

あまり大きなリスクを負う訳にはいかないので、

 

どの金融機関も無担保融資の場合は借り入れ金額の上限が低く設定されている事が多いのです。

 

無担保融資は、完済までの期間が短いものがほとんどです。それは、そもそも貸し付ける金額が、さほど高くないものばかりのためです。

 

無担保の融資にはデメリットもあるので、借り入れをする際にはメリットもデメリットも両方を検討することをおすすめします。

はじめてのカードローン作成でお金を借りる

私はカードというものを信用していませんでした。

 

友人がリボ払いで自分に見合わない多額の購入をし、苦しんでいることや、兄弟が消費者金融に長いこと借金をしていたことなどから、おのずと恐怖の気持ちが湧き、距離を置いていたのです。

 

ある日、どうしても時計が欲しい気持ちになってしまいました。

 

その時にも何日も何日も考え、悩み、消費者金融に手を出そうとしましたが、やめました。

 

日本では買えないモデルが輸入されて来て、本数限定だったのでその時計は結局売り切れました。私は情けなくなりました。欲しいものが満足に買えないなんて、これは奴隷と同じだ、と。

 

次に同じような衝動が湧きあがってきた時、私にこれを制御できるのか、あるいは制御され、鬱屈した気持ちを考えると「このままではいけない」と想っていました。

 

そんな時、ふと銀行ATMに行くと、銀行のカードローンの案内がありました。

 

私は今がそのタイミングだ、と想い、申込用紙を持って帰りました。そして記入して投函。

 

私の人生はここから変わりました。それまではキャッシュ一本やりだった支払いが、それからはカードローンでもできるようになり、お金のやりくりに困らなくなりました。

 

購入できる金額も増え、念願のギターも購入できました。月々のお支払いだけしっかり気を付けて有効活用していれば、かなり生活が豊かになることに気づきました。

 

意を決して踏み出してみて良かったです。